2017年6月23日金曜日

新刊『花火』&『KABUKI by KISHIN』発刊記念イベント

皆様、こんにちは。
今日はタイトルをご覧いただいたらわかる通り色々とお知らせがあります。
ので、
冒頭の近況報告(シエスタのアニメつぶやき)はこの一言で終わっておきます。
「スタミュ最終回の全員歌唱シーンはとても良かった!」

はい、では早速。
まず、6月の新刊『花火』のご紹介です。
宣伝文句は、以前このブログで書いたものを気に入っているので(自分で言うのもなんですが)
もう一度載せておきましょう。

『花火』写真:冴木一馬体裁:A4版、96頁定価:2,400円+税

表紙カバー
本書は、花火師の資格を持つ写真家・冴木一馬による、日本全国の花火の写真集です。
フィルムにこだわって撮影された大輪の花ひとつひとつには、
日本古来の奥ゆかしさや情緒が漂い、
また、時には空を覆い尽くさんばかりに弾ける様は圧巻です。
一瞬で散りゆく美しい花弁を、
心ゆくままに堪能できる一冊がついに刊行―。

表紙(表紙カバーを取ったところです)はこのように・・・
表紙は金色
華やかです
前々回に載せていましたが、
ついに本の形になった『花火』より中を少しだけご紹介いたします!
まえがき
まえがきは英文併記なので、
外国の方へのプレゼントにもぴったりです。
ちなみに、全ページキャプションには英文併記ですよ。
巻末も著者紹介も。



このページ、以前色校の時に載せていたような。
すんごく鮮やかなんですよ。


お祭の向こうで花火が上がっているこのページは私の一押しです。

このページは圧巻です。
考えてみれば、
空に火花で模様を描こうだなんて、
最初の人はよく思いついたなと。
そしてそれを実現しちゃうところがすごいですよね。
花火のことは詳しくわかっていませんが、
打ち揚げた空の上で弾けて、その弾けた瞬間の柄というか模様というか、
それを色々と考えて作るわけですよね。

よく考えてみれば、めちゃくちゃ奥深い世界ですし、
まさに職人技だなと思います。

そしてそして、この鮮やかな花火をカメラにおさめ、
ご自身も花火を打ち揚げられるれるというのが、こちら、
著者の冴木先生です。
↓↓

そしてこちらは担当編集のG編集長より―
「日本の花火らしい情緒が表現できたかなと思っております」
編集長、コメント短いです。

恐らく来週あたり、書店店頭にも続々並ぶのではないかと思いますので、
本格的な夏を目前に、
皆様ぜひ日本の花火に浸ってみませんか?
今年は花火にまつわるタイトルのアニメ映画も公開されますからね!
今年の夏のテーマは花火でまいりましょう!!

さて、さて、そして次はこちら。

篠山紀信×後藤繁雄 ~篠山紀信 大型写真集

『KABUKI by KISHIN』発刊記念 

【トークイベント&サイン会】

銀座蔦屋書店 BOOK EVENT SPACE にて
2017年 07月07日(金) 

詳しくはこちらから↓↓↓

蔦屋書店の大型アートブックプロジェクト通称BIG BOOKプロジェクトの第一弾として、
銀座蔦屋書店様の限定販売『KABUKI by KISHIN』の発売記念イベントを
7月7日(金)に開催致します。

当日は本書の著者である写真家篠山紀信氏と、お相手にクリエイティブディレクター後藤重雄氏を迎え、
サイン会とトークイベントを行います。
詳しい参加方法などはぜひ上記↑↑↑URLからご確認くださいませ。

BIG BOOKプロジェクトの一つである『KABUKI by KISHIN』は、
その名の通りとってもビッグな写真集!!
ページをめくる度、歌舞伎役者さんたちの圧巻の表情・立ち姿がページいっぱいに・・・。
現在、銀座蔦屋書店様の日本文化の芸能コーナーにて、本書の見本を展示しております。
興味のある方はぜひ銀座蔦屋書店様に足を運んでいただいてご覧ください!
そして、ぜひぜひイベントにもご参加くださいませ!!

それでは、今日はこの辺で。

2017年6月16日金曜日

手帖の夏、到来!

皆様、こんにちは。
梅雨の時期にもかかわらず、すでに真夏日が続いておりますが、
いかがお過ごしでしょうか?
ここでお知らせできることがあまりなく、更新できずにおりました。(言い訳じゃないですよ?)
アニメのコトなら沢山書くことありますけどね!?
このブログをご覧いただいている近しい方からアオアザ先輩に「いいの?、あれ」(会社のブログでアニメ語ってて)というコメントをいただいたらしく、
「これはいかん!もうちょっと内容のあることを毎回書かなくちゃ!」とちょっと自粛していたのですが、
毎週更新ではなかなか難しいですね~。
ということで、
編集長は内容について気にしていない様子なので続行致します。
アニメの話だけでブログの内容が終わってても、皆様、大目に見てくださいね!

では早速、本題です。
今年もやってまいりました。
京都手帖の夏。
アオアザ先輩が非常にお忙しい夏。
私もお手伝いせねばと意気込んでいたものの、
「あれ?
なんか・・・、思っていたよりも私の方がちゃんと仕事が回っていないような?」
昨年と違って今年はなんだか抱えている仕事が重なっている、ということで、
私、プチパニック中です。
先輩方は普通にこなしてらっしゃるのですが、
まだまだその域に達していない小童なので、プチパニック中です。

色んな仕事をしていく中で、ようやく先輩方のされていたことが見えてきたような、
そんな今日この頃。
頑張らねばなりません。

今年はどんな手帖のデザインになるのかしら・・・?
コラムはどんな感じかしら・・・?

皆様と同じように楽しみにしつつ、今年の夏も乗り切りたいと思います。
(※まだ梅雨ですが)

では、本日は原稿に埋もれるアオアザ先輩で締めます。
原稿越しのアオアザ先輩
ううーん。凄い量の原稿。
これ、同じ書籍のものですからね。
1冊でこれですからね。
つまり、一人当たり、いくつもこの山があるわけです。
ということで、
私もそろそろ自分のデスク回りが思うように片付かなくなってきている今日この頃です。

次回、
ついに新刊『花火』をご紹介です!お楽しみに。
それでは、今日はこの辺で。

2017年6月1日木曜日

6月新刊『花火』&~編集部白龍園散策編~

皆さん、こんにちは。
今週は猛暑日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?
今朝、日焼け止めを1本使い終わってしまったシエスタです。
すでに、手の甲とか足の甲が4月5月の内に焼けてしまい、靴下履いて手袋してるみたいです。ほんとショック・・・。

さて、今日は、
6月の新刊『花火』(鋭意制作中)をご紹介し、
前回の予告通り、
~光村編集部・白龍園散策編~をお届けしたいと思います。

まずは、6月の新刊こちら
『花火』
写真:冴木一馬
本体:2400円+税
体裁:A4版・並製・96頁

本書は、花火師の資格を持つ写真家・冴木一馬による、日本全国の花火の写真集です。
フィルムにこだわって撮影された大輪の花ひとつひとつには、
日本古来の奥ゆかしさや情緒が漂い、
また、時には空を覆い尽くさんばかりに弾ける様は圧巻です。
一瞬で散りゆく美しい花弁を、
心ゆくままに堪能できる一冊がついに刊行―。

さて、現在鋭意制作中ですので、
まだ本の形にはなっていないのですが。
編集担当G編集長より、色校刷をお借りしてきました!

まずは表紙はこんな感じです。
店頭で見つけても、これは空に吸い込まれそうな、目が離せない一枚ですよね。

表紙
色校
この状態でフィルムと照らし合わせ、色を確認していきます。

中はちょこっとだけお見せしますよ!
こんな感じ・・・


黒船祭(静岡県下田市)


左:日向夏祭(兵庫県豊岡市)右:聖徳まつり(滋賀県東近江市)


左:ふるさと竜王夏まつり(滋賀県蒲生郡竜王町)
右:船橋港親水公園花火大会(千葉県船橋市)
勝海花火大会(北海道帯広市)
モダンな雰囲気のレイアウトなので、日本の花火の情緒を残しつつ、
おしゃれな写真集になりそうですね。

写真家の冴木先生は、1987年から30年花火を撮り続けてらっしゃって、
ご自身も花火師(煙火打揚従事者)の資格をお持ちのハナビスト。

そろそろこちらも出来上がってまいりますので、
皆さんどうぞお楽しみに!!

また刊行直前に紹介したいと思います!

それでは、次はこちら・・。

●光村編集部~白龍園散策編~●

5月の半ば、
光村編集部は揃って二ノ瀬の里、安養寺山の麓にある白龍園に行ってまいりました。

この地を手に入れた青野株式会社の創業者・故青野正一氏が、社員家族や地元の有志とともに、生涯をかけて作り上げた人気の庭園です。
今もなお進化を続けるこの庭園は、京都で大変人気のスポットです。

今回お邪魔した際には私たち以外にほとんどお客様がいないタイミングで、
じっくりゆっくり自然を堪能できました。

参道入り口には
龍吟亭
広い。とにかく広いのです。
アオアザ先輩&O先輩
参道で見上げるとこんな感じです。
山です。

そして反対側はこんな感じ。
おお!自然だ!呼ばれている・・・。
昔、こういう所でよく遊んでたな~。
時間がゆっくり進みます。
「ほほう」
じっくりゆっくり観察しているとおや、何か聴こえます。
「蛙だね」
「すごいいるね」
「でも、見当たらない」
蛙の声があちこちから響き渡ります。
「蛙・・どこや?」
蛙を探す先輩たち。結構ガチで長い間探していました。

蛙を見るのも触るのも苦手なシエスタは、傍観してます。
(これ、見つけたら絶対写真撮って、私に見せてきそう・・・。嫌な予感しかしない。)
そんなことを考えながらじーっと見守っていたのですが、
結局、姿は見つけられず、
O先輩が鳴き声だけ録音されてましたので、こちらどうぞ↓↓
video


太鼓橋
空気も綺麗で、とにかく広いこの庭園。
社員さんたちとこつこつ作庭されたなんて、本当に感動です。
清風亭(おそらく)
O先輩&アオアザ先輩
そしてそして、こちらはウィンク第二弾!
なりきる二人
私のカメラ練習に付き合ってくださるO先輩
最近、自分のスマホで撮ると、なんかこう、ぼやっと映ります。
なぜかは不明・・・。
なので、O先輩がスポットライト浴びてる感じに(笑)

鶯亭
社長自らご案内下さり、
光に照らされながら揺れる青もみじの美しさに目を奪われた一日でした。
この鶯亭ももっと綺麗なのですが。
どうも、このスマホがね。

そんなスマホの欠点が逆に生かせている?のが↓↓の一枚。
二ノ瀬駅にて
ぼやっと感がね。

皆さんもぜひ、森林浴いかがでしょうか?

それでは今日はこの辺で。

2017年5月26日金曜日

祝『ダ・ヴィンチ』6月号掲載!!

皆さん、ご無沙汰しております。
ちょっと更新出来ずにいたら、3週間くらい経っていました。
なんてこった!

それで、「今日も更新は難しいな・・・」と考えていたらふと思い出したのが、
以前とある雑誌の取材をしていただいたという話をしましたよね。
そのことです。

その雑誌の名前、まだちゃんと発表できてませんでした。
しかも、もう発売されている・・。
しまった!

ということで、
その情報だけ「えいっ」とぶっこんで、
今週を終わりたいと思います。

では、ずばり、

『ダ・ヴィンチ』6月号です!!

京都の出版社“自薦ワンダー本”
という特集ページにて、ご紹介いただいております。
表紙はジャニーズの亀梨くん。裏はユーリon Ice!の公式ブックの広告。
写真は載せられませんが、
既に吸い寄せられている読者の方は沢山いらっしゃるのではなかろうか?
188ページです。

我らがアオアザ先輩は早速、あの憧れのお方のページをチェックして、
「私の載ってるページがここ。■■が載ってるのがここ!ちか~い(にやり)」
と嬉しそうでした!(笑)

取材の模様は、以前私のこのブログで取り上げた時に、
先輩方のオフショット?メイキングショット?みたいのを沢山載せています。
それも合わせてご覧いただければ・・!!

書店にお立ち寄りの際にはぜひチェックしてみてくださいね!

ということで、
本当は今週書く予定にしていた
「編集部~白龍園散策編~」とか、
「日本服飾史 男性編・祝増刷!」とか、
まだまだお届けしたい情報はありますので、
来週からまた頑張って更新していこうと思います!

あ、ちなみに、私事で恐縮ですが、
ずっとカメラ撮影の練習をして備えていた友人の結婚式は、無事終わりました~。
親の気分で300枚くらい写真撮ってました(笑)
とっても良い式でした。
気分はおかんです。
私の方が年下ですが(笑)
次は彼女と、ついに、以前このブログでお話したタイムカプセルを開封しようかと思います!!

これも乞うご期待!!
ではでは、今日はこの辺で。

2017年5月2日火曜日

新刊『日本の原風景 城』出ます

皆さん、こんにちは。
いつの間にか5月になり、
ゴールデンウィークじゃないですか。
早いですね。

最近の私のアニメライフをつぶやきますと・・・(誰も求めてなさげですが)
相変わらず「進撃の巨人」を怯えつつ鑑賞し、
「夏目友人帳」を観ていて涙腺をやられ、
「スタミュ」のいきなり歌い出す世界観がちょっぴりツボにはまり(出演者も豪華)、
「サクラダリセット」の石川界人くんの声に癒される。
そんな日々です。

ちなみに、最近は寝る前に「oh!スケトラ ユーリ!!on Ice」を聴いて寝ます。
良い曲ばかりで、アニメもやっぱり総合力!!としみじみ思っています。
ウォークマンで特に好きな曲をセレクトしているのですが、
聴いてる間に目が冴えてしまい、
その後に流れ出すぼくのりりっくのぼうよみの歌を聴きながら眠りに落ちます。
どちらも最高。

さて、本日は新刊のご紹介です。
表紙カバーこちら
表紙:姫路城

『日本の原風景 城』
写真:森田敏隆 宮本孝廣
体裁:A5 総304頁
定価:2,800円+税

本書は、日本全国の130もの城を美しい写真で巡る写真集です。
「日本100名城」は全て写真で掲載している上に、
4月に発表された「続日本100名城」もリストで掲載しています!!

巻末には主要人名・用語・主要事件の解説ページも!
地図も付いています。

本書の特徴、今回はまとめてみました。
まず、
①写真がきれい!
写真家・森田敏隆と宮本孝廣による写真集なので、
資料本としてだけでなく、見て楽しむお城の本なのです!!

②英文併記
各城の解説文は英文併記!
なので、外国の方にもおススメできる一冊となっています!

③「続日本100名城」リストを掲載
制作途中に発表された「続日本100名城」。
ちゃんと入ってます!
もしや最速で掲載したビジュアル本なのでは?と思ってるのですが、どうでしょう。

④安政6年刊行の『武鑑』をもとに構成
『武鑑』とは、江戸時代に刊行された、諸大名や旗本の氏名、禄高、居城など、武家の大要がわかるように列挙した刊行物のことです。
本書は、幕府直轄の城に始まり、安政6年(1859)発刊の『武鑑』に準じて掲載しています。
また、各城には藩の名称や石高も掲載しています。

⑤全国の史跡や藩政期以前の城も掲載
五稜郭や竹田城、首里城などなど。
こちらも美しい写真で堪能できます。

ではでは、ここからは実際に本文をちらっとご紹介です。

まず最初は
●岩国城●
岩国城
いつか錦帯橋を見てみたい。歩いてそして、写真撮りたい。
これは私にとって漫画の聖地巡礼の夢なのです。
さて、何の漫画でしょうか?

松本城
二年前に友達を訪ねて行った長野県。
お城には全く興味なかったのですが、松本城登ってみました。
なんだろう、
凄く楽しかったです。
そして、カッコいかった。
城ファンの人に怒られそうですが、夢中になる気持ちがちょっとわかりました。

さて次は
●新発田城●
新発田城
写真集としての良さが凄く出ているページだなと。
夕陽に染まった石垣がなんともいえない美しさ。


そして、
●越前大野城●
越前大野城
嵐の大野君が好きだから選んだわけじゃないです。(先輩方への弁解)
この2頁が一番、「お城感半端ない」と思ったので。
現代とは思えない風景です。


最後に、我らが
●二条城●
二条城



実は弊社、二条城に歩いていけるほどの距離です。
でも私一度も行ったことがなくてですね、
この間ついに行ってきました!

ということで、一瞬脇道に・・・・・
桜は散ってるかと思ったのですが、
なんと遅咲きの桜がまだまだ満開で。
思ったよりも品種がさまざまで、とても楽しかったです!
撮影:シエスタ
緑の草と桜のピンクがとてもきれいです。

ほかにも『京都桜旅』の章扉でご紹介していたいろんな品種をこの目で確認できました。

これは御衣黄。
撮影:シエスタ
そして、わかりにくいけど、これはたぶん鬱金ではないかと。
御衣黄のとなりにありました。
撮影:シエスタ
それから私、
この『日本の原風景 城』の校正をしていたものですから、
石垣にちょっとした愛着が湧いてしまい・・・
算木積みとか友達に説明してしまいました。
撮影:シエスタ

他にも、
もみじ葉に埋もれる石垣など、写真集だからこそのお城の情趣が感じられる写真が沢山あります。

お城好きの方にも、写真集がお好きな方にも、
ぜひ一度手に取っていただきたい!!!


以上、新刊紹介でした~


さて、ゴールデンウィーク突入ということで、
いよいよ私の結婚式出席の時がやってまいりました。

ここまで「シエスタの本日の一枚」を暖かい目でご覧いただき、ありがとうございました。
ついに、ついにです。
カメラ技術は上達したのか・・・上の二条城での写真を見る限りは、してないかも。
まあ楽しむべし!

親友の挙式を前に、
まるで母のような気持ちになってしまう、今日この頃です。
「あの子がね~結婚か~」
みたいなのとはまた違うんです。
幸せになってくれてるのが単純に嬉しい母なんです。


皆さんも楽しいゴールデンウィークをお過ごしください。

それでは今日はこの辺で。

2017年4月19日水曜日

新刊『東京うつわさんぽ【改訂版】』&京都ブックフェスティバル

皆さん、こんにちは。
広告で前置きされた通り、
最近、アニメ「進撃の巨人」の次回が待ちきれないシエスタです。
でも、恐ろしすぎて・・・
一回の視聴では、ちゃんと全部目をそらさずに見ることが出来ません。
ちょっとずつ免疫をつけつつ進んでおりますが・・・
Season2は戦闘シーンかなり多めですからね、ドキドキの連続です。
それに比例して人間ドラマも壮大で、毎回つらい・・・。
早く来週にならないかな!!
そして、そんなことを考えていたら、
観る予定だった他作品をいくつか録り逃していたことにようやく気付いた今日この頃。
それも、私の推し声優さんが出ているものばかり・・・。
やってしまった・・・。
先週のイベント落選と合わせて落ち込んだ気分がますます「進撃の巨人」へと向かわせます。
誰か、私にイベントをください。



さて!
冒頭色々とつぶやいてしまいましたが、
今回は新刊のご紹介と、イベントのご案内がありますのでね。
さっそくまいりましょう!!


まずは新刊『東京うつわさんぽ』(改訂版)のご紹介です。
まず、表紙カバーはこのように・・・。
表紙:うつわノート 八丁堀店【八丁堀】
『東京うつわさんぽ』(改訂版)
編著:うつわさんぽ編集室
定価:1,500円+税

東京近郊のうつわショップやギャラリー、
うつわが素敵なレストランなど「うつわ」にまつわる約100軒のスポットを掲載した
『東京うつわさんぽ』(2014年刊)から3年―。

新装版『東京うつわさんぽ』(改訂版)がこの春発売です!
内容としては約3割が新掲載で、
東京近郊のうつわショップやスポットを約90軒ご紹介しています。
また、2014年時から掲載しているものも情報を更新して掲載しています。

では早速、見ていきましょう・・・
1 日本のうつわ・作家のうつわ
08-09:SHIZEN[原宿]
再登場のSHIZENさんですが、こちらは新撮なので、
前作をお持ちの方も楽しめるページに。
012-013:雨晴[白金台]
今回初登場の雨晴(あまはれ)さん。
お店の空間もとっても素敵です。
032-033:BEAMS JAPAN[新宿]
こんなに並んでいたら目移りしそうですね。

060~「日帰りうつわトリップ」のページ
こんなページもあるのです。

2 世界のうつわと古いもの
086-087:アンティークス タミゼ[恵比寿]
店舗名の隣に取扱いの国の国旗マークが入っています。

088-089:UNTIDY[西荻窪]
東京には何でもありますね。
世界の民芸品が買えてしまうとは・・・!

3 うつわづかいが素敵な料理店
098-099:du Barry[池尻]
お店に行って、素敵なうつわでいただく料理はより美味しく感じます。
うちもあんな素敵なうつわに変えなくちゃ!と思わされます。

巻末 うつわさんぽエリア別MAP


ほかにも「うつわの基礎」ページでは、
種類や色、装飾についての解説や、用語集、うつわ産地マップも掲載!!
各章にある「コラム」でも、うつわに関する嬉しい情報が。

この一冊で、皆さんも楽しい「うつわライフ」を始められますよ!!
素人にも玄人にもぜひおすすめの一冊です。
書店店頭でどうぞご覧くださいませ。




さあさあ、それでは次のご案内にまいります。

京都ブックフェスティバル 開催!!
4月22日()23日()11:00~19:00
ゼスト御池 特設会場にて
https://www.facebook.com/kyoto.book.festival/

毎年行われている本のイベント「京都ブックフェスティバル」に
出店致します!
弊社は社長が店頭に立って接客させていただきますので、
皆様ご興味のある方はぜひぜひお越しくださいませ!!

京都の出版社が集まったイベントですので、
期間限定で割引価格で手に入る書籍が沢山ありますよ。

参加出版社はこちら↓
海青社、化学同人、京都新聞出版センター
京都大学学術出版会、サンライズ出版、思文閣出版、青幻舎、
世界思想社数学社、淡交社、永末書店&東山書房、PHP研究所、
法蔵館、光村推古書院、ミネルヴァ書房、宮帯出版、ユニプラン、臨川書店 他



~トーク&サイン会も開催!!~
■4/22 14:00~
畠山健二先生 「本所おけら長屋」シリーズ

■4/23 14:00~
井上章一先生 「京女の嘘」

■4/23 16:00~
梅林秀行さん 「京都の凸凹を歩く」

※整理券の配布は京都府書店商業組合加盟店にて


他にも、絵本の読み聞かせや、
自分の本に図書館仕様のビニールカバーをかけられる!?(500円)など。
イベントが盛りだくさんのようです。

土日開催ということで、
お子さん連れでもぜひぜひご参加くださいませ!!



本日ご紹介する情報はここまでです。

それでは、
最後に恒例のシエスタの写真で締めたいと思います~
でも、締まらないのが現実。
ということで、
写真の下手な私とアオアザ先輩の写真をまた載せます。

もはや写真講義のための一枚になりつつあるのが悲しいことですが、
これを見れば皆さんも写真がうまく撮れるかも!(すでに私より上手いかもしれませんが)

では、
本日の1枚


撮影中
インスタ担当のアオアザ先輩が撮影している様子を撮ってみました。
ちょこまかと周りをうろうろしたのですが、
いまいち上手く撮れません。
邪魔しないでね
うーん。
うーん。
唸りながら撮り終わったところで、
私の写真を見た先輩の指導例がこちら

(モデルシエスタ)
*変に全体を撮らずに、アップで撮る方が良い時がある。
*逆光の時は、いっそ見えないくらいまで逆光な位置に行け!
By アオアザ先輩

レンズが開いていないシエスタ(苦笑)
それを踏まえて私と先輩の写真を見比べると、なるほど!!

変に全体を撮ろうとすると良くないんですね。
先輩のはやはりちゃんと撮れてる写真ですよね。
私のは中途半端・・・。

これ、結婚式までに上達するかな、私。
もうすぐだけども?
結構差し迫ってるけども?
迷った時はこれを思い出して撮ろうと思います。


それでは今日はこの辺で!!