2017年6月23日金曜日

新刊『花火』&『KABUKI by KISHIN』発刊記念イベント

皆様、こんにちは。
今日はタイトルをご覧いただいたらわかる通り色々とお知らせがあります。
ので、
冒頭の近況報告(シエスタのアニメつぶやき)はこの一言で終わっておきます。
「スタミュ最終回の全員歌唱シーンはとても良かった!」

はい、では早速。
まず、6月の新刊『花火』のご紹介です。
宣伝文句は、以前このブログで書いたものを気に入っているので(自分で言うのもなんですが)
もう一度載せておきましょう。

『花火』写真:冴木一馬体裁:A4版、96頁定価:2,400円+税

表紙カバー
本書は、花火師の資格を持つ写真家・冴木一馬による、日本全国の花火の写真集です。
フィルムにこだわって撮影された大輪の花ひとつひとつには、
日本古来の奥ゆかしさや情緒が漂い、
また、時には空を覆い尽くさんばかりに弾ける様は圧巻です。
一瞬で散りゆく美しい花弁を、
心ゆくままに堪能できる一冊がついに刊行―。

表紙(表紙カバーを取ったところです)はこのように・・・
表紙は金色
華やかです
前々回に載せていましたが、
ついに本の形になった『花火』より中を少しだけご紹介いたします!
まえがき
まえがきは英文併記なので、
外国の方へのプレゼントにもぴったりです。
ちなみに、全ページキャプションには英文併記ですよ。
巻末も著者紹介も。



このページ、以前色校の時に載せていたような。
すんごく鮮やかなんですよ。


お祭の向こうで花火が上がっているこのページは私の一押しです。

このページは圧巻です。
考えてみれば、
空に火花で模様を描こうだなんて、
最初の人はよく思いついたなと。
そしてそれを実現しちゃうところがすごいですよね。
花火のことは詳しくわかっていませんが、
打ち揚げた空の上で弾けて、その弾けた瞬間の柄というか模様というか、
それを色々と考えて作るわけですよね。

よく考えてみれば、めちゃくちゃ奥深い世界ですし、
まさに職人技だなと思います。

そしてそして、この鮮やかな花火をカメラにおさめ、
ご自身も花火を打ち揚げられるれるというのが、こちら、
著者の冴木先生です。
↓↓

そしてこちらは担当編集のG編集長より―
「日本の花火らしい情緒が表現できたかなと思っております」
編集長、コメント短いです。

恐らく来週あたり、書店店頭にも続々並ぶのではないかと思いますので、
本格的な夏を目前に、
皆様ぜひ日本の花火に浸ってみませんか?
今年は花火にまつわるタイトルのアニメ映画も公開されますからね!
今年の夏のテーマは花火でまいりましょう!!

さて、さて、そして次はこちら。

篠山紀信×後藤繁雄 ~篠山紀信 大型写真集

『KABUKI by KISHIN』発刊記念 

【トークイベント&サイン会】

銀座蔦屋書店 BOOK EVENT SPACE にて
2017年 07月07日(金) 

詳しくはこちらから↓↓↓

蔦屋書店の大型アートブックプロジェクト通称BIG BOOKプロジェクトの第一弾として、
銀座蔦屋書店様の限定販売『KABUKI by KISHIN』の発売記念イベントを
7月7日(金)に開催致します。

当日は本書の著者である写真家篠山紀信氏と、お相手にクリエイティブディレクター後藤繁雄氏を迎え、
サイン会とトークイベントを行います。
詳しい参加方法などはぜひ上記↑↑↑URLからご確認くださいませ。

BIG BOOKプロジェクトの一つである『KABUKI by KISHIN』は、
その名の通りとってもビッグな写真集!!
ページをめくる度、歌舞伎役者さんたちの圧巻の表情・立ち姿がページいっぱいに・・・。
現在、銀座蔦屋書店様の日本文化の芸能コーナーにて、本書の見本を展示しております。
興味のある方はぜひ銀座蔦屋書店様に足を運んでいただいてご覧ください!
そして、ぜひぜひイベントにもご参加くださいませ!!

それでは、今日はこの辺で。

0 件のコメント:

コメントを投稿