2017年9月29日金曜日

京都名所カレンダー&シエスタの今日この頃

皆様こんにちは。
前回イベントのハガキがこないと嘆いていたシエスタです。
あの日、家に帰ったらですね、届いてました。
そして昨日、
その代わりに(?)嵐ライブに落選・・・。
神様、私で遊ぶのやめて。


さあ、今日はカレンダー紹介の第2弾です。こちら・・・!
京都名所カレンダー2018
写真:水野克比古
体裁:タテ52㎝×ヨコ36.5㎝(※見開き状態でのサイズ)、二つ折り、オールカラー
価格:1,500円+税

京都を代表する写真家・水野克比古先生の美しい写真を使用したカレンダーです。

これまで卓上型の仕様だったのですが、
来年度版(2018)はより大きく!水野先生の写真をじっくり眺めて四季を感じられる!
壁掛け仕様のカレンダーになりました。
(※二つ折り状態での販売になります)
また、最後のページには、掲載場所の簡単な拝観・アクセス情報なども載せています。

さっそく見ていきましょう。
まずこちら、表紙は紅葉で名高い東福寺さんです。
東福寺
紅葉シーズンに京都に訪れるのであれば、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

ちなみに、
こちらが12か月分のラインナップです。
左上が1月です
有名社寺さんだけでなく、
水野先生だからこそご存知の、京都の素晴らしい風景が詰まっています。
私が選んだので、どの月も私としてはおススメしたいのですが、
特に推すとするならば・・・。
こちらでしょうか。
3月:地蔵院(椿寺)五色八重散椿

地蔵院(椿寺)さんの「五色八重散椿」。
こんなに華麗に椿が咲いているのを始めてみました。
私の中で椿と言えば、覚えている限りの記憶では、
「雪が降る中ひっそりと咲いている姿」というイメージなのですが、
この3月の写真は薔薇を見ているような気になります。
とっても華麗でダイナミック!!
そして名前の通り少し変わった椿なので、
来年の春にぜひ観に行きたいなと思っています。


次はこちら。
6月の岩船寺さん。
6月:岩船寺 紫陽花

私のブログを続けて読んでらっしゃる方にはわかることでしょう。
私好きなんです、まるで花に埋もれるかのような、そんな写真が。
こちらもぜひ行きたいです。

そしてこちら。
嵐山渡月橋。
8月:嵐山 朝焼け

これは、先生が早朝に撮ってらっしゃるので朝焼けなんです。
観光客で賑わう嵐山なので、
自然だけのありのままのこの綺麗な瞬間は簡単にはおさめることが出来ませんよね。
遠く東山を借景に、とても壮大な一枚です。

最後はこちら。
上賀茂神社さん。
12月:上賀茂神社 立砂
冬の京都市内では、さまざまな雪景色が見られます。
コンクリートですぐに消える都会の雪からこの写真のようにとても風雅なものまで。
この写真を見ると、
「冬の京都、見てみたいな」
そんな気分にさせてくれますね。

さて。
ここまでいかがでしたでしょうか?
葵祭や伏見稲荷大社の本宮祭など、
行事の写真もあります。
「京都名所カレンダー2018」、そろそろ店頭に並ぶ頃かなと思います。
今年もあっという間に後半戦ですから、
そろそろ来年のことも、今からウキウキ考え始めましょう!

そしてここからは近況報告となります。
今週、私、アオアザ先輩と編集長に付いて久しぶりに外出をしてまりました。
展覧会→カレーの美味しいカフェ→祗園閣
という行程です。

展覧会は大学構内ということで、金木犀が沢山植えられていて大興奮!
木だ!大きい!
剪定とかはあまりされてない感じで、枝が自由にのびのびと生えて、
もうすでに花が咲いていました!
なのでどこへ行ってもいい香り。
銀杏踏みそうになったけど(たぶんちょっと踏んだけど)
かき消されるくらい良い香り~。
「私に一枝くれませんか・・・」
大きな金木犀に出会うたびに語りかけてしまいました。
しかも、
なんと、
銀木犀の木もあったのです。
あの、私が枝のまま枯らしてしまって、拝むことのできなかった銀木犀が目の前に!
「あの、私に一枝くれませんか・・・・・」
これ、
誰にお願いしたらいただけますか。

後ろ髪ひかれまくりながら大学をあとして、
カレーの美味しいカフェ(こちら京都手帖2018に掲載している「カフェジュノ」さん)にいざ。
とても落ち着ける空間で、お店の雰囲気はとってもいい感じでした。
そして、カレー目当てにきたくせに、
季節のメニュー「かぼちゃのグラタン」に即行で乗り換える私。
アオアザ先輩のカツカレーを一口いただいたら、辛すぎないけどスパイスを感じる美味しいカレーでした。
かぼちゃのケーキもね、心惹かれた・・・!
もう一回行きたい・・・!今度こそカレー食べますから。

そして本題はここからです、皆様。
京都手帖担当の我らがアオアザ先輩は
「行きたいお店に実際に行くと定休日なことが多い」という特殊能力をお持ちなのですが、(※臨時休業、夏期休暇などの場合もあり)
今回もこの能力が発動してしまいました。
なんと、
旅の終点祗園閣の門が・・・閉まっている!?
そして「法要につき公開休止」の貼り紙が・・・。
本物だ。
これはやっぱり本物の能力者です。
誰かテレビ呼んでください。

祇園閣を見られなくなった私たちは、この後、
仕方ないので近場にある、編集長の行きたかったという展覧会に向かったのですが・・・
これも定休日。
能力が強い!
つ、強すぎる・・・!!!

そんなアオアザ先輩ですが、特殊能力はもう一つ。
それについてはまたいつか・・・。

それでは皆様楽しい週末を。

2017年9月22日金曜日

光村手帖最前線&入江泰吉カレンダー

皆様こんにちは。
10月のイベントに当選したのに、入場券代わりの当選はがきが届かず・・・
「結局落選と同じじゃん。」
と、落ち込んでいるシエスタです。
非常に私らしい結末です(泣)
くぅ・・・(泣)いいもん!
どうしても行きたかったやつが当たったから、このイベントのことは忘れよう!

さて、今月は京都手帖DMが発送されてから、
ご注文はがきがバンバン届いておりますゆえ、
毎日発送準備に追われております。
皆様毎年誠にありがとうございます。
順番に発送させていただいておりますので、
「まだ届かない!」という方もいましばらくお待ちくださいませ。

京都手帖については、
担当のアオアザ先輩が近々ブログを更新されるようなので、
詳しくはぜひそちらをご覧ください。

毎年恒例の光村キャッツアイ?写真(手帖完成を祝う記念写真です)が
本日フェイスブックにあがっております。
ご覧いただいた皆さんに伝わるでしょうか、私の戸惑い(笑)
先輩二人の動きのテーマは、サンバ、だったかな?
と、戸惑う私。

また、インスタでは24時間限定配信の動画も上がっていますので、
ぜひこちらも。
動きがね、難しかったです。
一瞬過ぎて。
あと、先輩方のダイナミックな動きの中で、自分の役割ってなんでしょうか?
と、悩んだ次第です。
ご興味のある方はぜひご覧ください(笑)

それでは、
先週更新できなかった「入江泰吉カレンダー2018」を本日はご紹介いたします。

入江泰吉カレンダー2018 奈良大和路 春夏秋冬 
写真:入江泰吉(※「吉」は、口の上の部分が正しくは「土」になります)
価格:本体1,300円+税

奈良の風景を撮り続け、没後も高い人気を誇る入江泰吉のカレンダーです。

表紙はこちら、、、
「しゃくなげの室生寺塔」
私、この表紙すごく好きなんです。
またみんなに「あんた渋い」と言われそうですが(笑)
じっと眺めていると
荘厳な塔から漂う静謐な空気感に対して、
緑としゃくなげのピンクが鮮やかで艶っぽい感じがして、その二つが同居してるのが好きです。
あと階段ね。
階段に弱いんです。

12か月のラインナップについてはこのように↓↓↓
一年のラインナップ
昔懐かしの風景美は眺めていると落ち着きます。
心穏やかに一年を送れそうですよ。
それぞれの写真の解説付きです
(※入江先生ご本人のお言葉を全集など残された文章から抜粋しています)


では、私のおススメをいくつかご紹介します。

◆1月◆
「東大寺二月堂より大仏殿」

雪が降るとあらゆる物音が吸い込まれたような感覚になりませんか?
「しんとする」あの感じが、好きなんですけどね、
見ていると色々と考えて寂しくもなります。

◆2月◆
「西の京早春」
遠くに薬師寺の白鳳の塔が映っています。
奈良の風景は、こういった歴史的な建物と昔懐かしい風景が当たり前のように共存しているところがとても良いです。

◆4月◆
「山吹咲く般若寺」
こちらのカレンダー、渋いばかりではありません。
山吹の咲きこぼれる様が本当に華やかです。

◆8月◆
「法起寺遠望」
手前に映っているのは田んぼでしょうか?
昔、地元の家にいた頃に、田んぼで稲の青々とした草が、風が吹くとこう、ざわーっと揺れるんですけど、ウェーブみたいな感じで。
それを、風鈴の音を聞きながら眺めてるのが好きでした。

◆9月◆
「飛鳥川」
今ちょうど彼岸花が咲いていますね。
保育園の頃に、彼岸花をかんざしみたいに耳にかけていたのですが、
あれやってたのうちの保育園だけでしょうか?

◆12月◆
「斑鳩の里野分」
好きなんです、すすきが。
って、いつだったかこのブログでも書いた気がしますが。
これも、地元の家にいた頃に、目の前にすすきが生えていたんですね。
うちの近所なんでも揃ってたんですね(笑)

皆様も奈良の風景美を眺めながら一年を過ごしてみませんか?

実は弊社、入江先生の写真集も出しています。
光村発売の入江泰吉作品です
左側は『入江泰吉の心象風景 古色大和路』
右側は『回顧 入江泰吉の仕事』
です。
入江先生の作品が気になる方はこちらもぜひ、書店でチェックしてください。

来週は「京都名所カレンダー」をご紹介する予定です。
では、皆様も良い週末を・・・。


2017年9月8日金曜日

カレンダー見本揃いました!!

皆様こんにちは。
10月の関東イベントに当選してドキドキしているシエスタです。
9月に入り、少し秋めいてきましたね。
一番好きな季節なので嬉しいですが、
去年、我が家の金木犀の植木鉢を枯らしてしまったことを悔やみます・・・。
甘い良い香りが~・・・。するはずだったのに・・・。

9月といえば、学生の皆さんは体育祭&文化祭の時期ですね。
私、学生時代は地味な生徒でしたが、
体育祭なんかの行事が大好きで内心燃えてました。
3年生は各色の団の応援合戦考えたり(ちなみに私は衣装係)、
赤色の団長がカッコいいとかね。
ありますよね、いろいろ。青春詰まってますね、羨ましいっ!

さてさて、
今週はカレンダー見本が続々出来上がってまいりましたので、
ご報告を。

来年度版光村のカレンダーラインナップは、
「月空カレンダー2018」「入江泰吉カレンダー2018」「京都名所カレンダー2018」
の3種類になります。

アマゾンさんにてすでに予約受付中です↓↓↓
月空カレンダー2018(アマゾン)
入江泰吉カレンダー2018(アマゾン)
京都名所カレンダー2018

左から
「月空カレンダー」・「入江泰吉カレンダー」・「京都名所カレンダー」
左は月空・入江担当のO先輩、右が名所担当の私です。
今年は「京都名所カレンダー」が大きくなって壁掛け(二つ折り)仕様になりました!

中面はこのように・・・↓↓↓
カレンダー中面

「京都名所カレンダー」は、京都手帖DMに同封の注文はがきでもご予約注文開始しています。
すでに多くのお客様から沢山のご注文いただいております!!
皆様、毎年ありがとうございます!

そして、来週からは、
2018年版カレンダーを1種類ずつご紹介していきたいと思います。
まず来週は、このブログでまだ紹介したことのない
「入江泰吉カレンダー2018」からまいります!!
どうぞお楽しみに~。

それでは、眼球の疲れが限界にきた今日はこの辺で。
皆様、良い週末を。