2017年10月27日金曜日

既刊本『天空の軌跡』紹介&そのほか宣伝中

皆様、こんにちは。
InDesignとの格闘に疲れ、
ブログ更新を逃げ場にしております、シエスタです。

先週からぐぐんっと気温が下がり、
「もうすっかり秋。
カーディガン羽織るくらいがちょうどいいわ~うふふ」
みたいな、
過ごしやすい秋の気温の余韻とかあんまり感じることもなく、
寒さとともに紅葉シーズンに突入しようとしていますね。
台風22号も発生していて、
こう、ゆるりと季節の変化を悠長に感じていられない今日この頃です。



さて、本日は予告通り、既刊本を紹介いたします。

表紙:未来へ流れる時の波紋(万博記念公演 太陽の塔)大阪府吹田市
【本文69頁掲載】
『天空の軌跡ー月・星・太陽のある風景ー』
写真:産経新聞社 山田哲司
体裁:A4横変 総104頁
価格:本体2,400円+税

本書は、天上に輝く月や星、太陽が、地上の風景と重なる瞬間をとらえた写真集です。
木々や建物と重なる月の姿、周囲を赤く染める太陽、都会の夜景に瞬く星々など。
産経新聞(大阪本社版)、SANKEI EXPRESSの大好評連載「星のある風景」「月と太陽の物語」「星ふる街」が一冊の本になりました。

巻末には「撮影ノート」(撮影地・撮影データ・撮影日・撮影メモ)がありますので、
普段カメラが趣味という方には為になり、またそうでない方には臨場感溢れる撮影時の状況も合わせて楽しんでいただけます。

それでは、私が独断と偏見でセレクトしたページをご紹介いたします。

昼と夜が重なるとき(皆既日食):2-3頁
2-3頁:昼と夜が重なるとき(皆既日食)
東京都小笠原村硫黄島沖
2009年7月22日北硫黄島沖の船上にて撮影された皆既日食の写真だそうです。
真ん中は、太陽と月が重なろうとする瞬間の「ダイヤモンドリング」。
宇宙って、
本当にあるんだわ。
と、当たり前なことを思ってしまいました。

◆阿蘇山の雲海:14頁
14頁:阿蘇山の雲海
熊本県阿蘇市
私、「雲海」が好きなんです。
昔学童保育時代に登山をして、みんなで雲海を見たことがあるのですが、
この雲海とは違っていました。
この写真、秋の早朝、朝日が昇る前だそうです。
街の灯りがこうして浮き上がって見えるんだそうですよ。
とても幻想的です。

◆夕日の逆光に浮かび上がる曽爾高原のススキ:36頁
36頁:夕日の逆光に浮かび上がる曽爾高原のススキ
奈良県曽爾村
シエスタブログの常連組(が、いたとしたら、その方)にはお馴染みのススキです。
ぜひ見てみたい!!
撮影ノートに「大海原の波にも見えた」と書かれているのですが、
うんうん、そんな感じですよね、きっと!!
このススキに埋もれたい。

◆宇宙へ誘う銀砂の流れ(前浜ビーチ):42頁
宇宙へ誘う銀砂の流れ(前浜ビーチ)
沖縄県宮古島市
我らがアオアザ先輩がよくいってらっしゃる沖縄でございます。

ここは、7キロにも及ぶ「東洋一の白い砂浜」だそうです。
砂浜の道の先に星空が広がり、地面と空が一つになったような、
そんな写真です。
撮影ノートでは
「まっすぐ歩いていけば、宇宙にたどり着けそうだ。」と。
ロマンチックですね。

◆大天守に寄り添う月(左)と夕日とシルエットになった姫路城(右):60-61頁
60頁:大天守に寄り添う月、61頁:夕日とシルエットになった姫路城
兵庫県姫路市
今年もお城は国内外で大人気でした。
こちらは兵庫県の姫路城。
2つの写真は同じ日に撮影されたようです。
その様子はぜひ巻末「撮影ノート」でチェック!

◆昇る月と薬師寺の塔:65頁
65頁:昇る月と薬師寺の塔
奈良県奈良市
高度が低いと月も赤く見える。
って、皆様ご存知でしたか?
寺院は京都にもありますが、
奈良のそれは、周りの音が全て吸い込まれてしまったかのような、
すごく静かな感じが好きです。
どこに行っても空気に静謐さが漂っている感じ。
場所によっては観光客だらけだし、鹿さんが攻めてきますけどね(笑)

◆天保山大観覧車と朝日:77頁
77頁:天保山大観覧車と朝日
大阪府大阪市
先日まで観ていたアニメに観覧車が出てきたのですが、
そのシーンは結構緊迫した状況で、夜観覧車に乗っている描写だったんですね。
で、
観覧車の軋む音が入っていたりして、描写的にも機械だけど生き物感があって、
それがなんとも言えない不安感を煽っていました。

この写真も、
早朝の営業運転前の観覧車に、「命が吹き込まれるかのように」と山田さんが書かれているのですが、
まさしく、まるで生き物のようです。
でもこっちは、命の体温を感じる方ですね。

◆初秋の風に吹かれながら(阿蘇にしはらウィンドファーム):86頁
86頁:初秋の風に吹かれながら(阿蘇にしはらウィンドファーム)
熊本県西原村
風力発電の羽はとても人工的なのに、
この写真はとても幻想的です。
星が瞬いているからでしょうか。

◆田んぼと列車:92頁

92頁:田んぼと列車
石川県宝達志水町
郷愁にかられる写真です。
こういうのが好きなんですよね、私。
でも実際歩きたいかと問われると、
色々と出会いたくないのがいるもんで・・・・。
写真で見るのが一番です。
遺したい風景ではありますけどね。

さあ。
皆様、いかがでしたか?
今回は久しぶりなのでちょっと多めに載せてみました。
コメントを書こうと思うと、
写真のセレクトはどうしても私の好みに偏りがちになるのですが、
今回は収録されている写真自体がさまざまで、
振り返って見てみると意外とバラエティに富んだセレクトになった気がしています。よ?・・・
ここには載せていませんが、
飛行機と月とか、ビルの夜景の写真なんかもありますので、
なんて言うか・・・
和洋折衷、みたいな?(伝わります?)

巻末の撮影ノートも合わせて読んでいただくことによって、
見ていて飽きない写真集になっています。
ぜひ、書店店頭で探してみてください!
もしくは、弊社HPからのご注文もお待ちしておりますよ。

さて、既刊本紹介が終わったところで、
これで3回目くらいですけど、
また載せます。
『京都紅葉旅』(写真:水野克比古・水野秀比古)

絶賛販売中!!!
詳しい内容はこちらをどうぞ↓↓↓
新刊『京都紅葉旅』出ます!(西九条シエスタブログ)

表紙:松花堂庭園
紅葉と言えば、京都!
どこに行こうか悩んだら、まずはこちらを書店で手に入れてください。
どこに行こうかだけでなく、どんな風に撮りたいな・・・。
そんなことも考えながらページを捲ってくださいませ。

京都もだいぶ寒くなってきました。
市内のイチョウや桜の葉はぼちぼち色づいてきております。
今年の最新紅葉情報をちゃんとチェックしつつ、
旅行の計画はこの本を参考にしていただければと思います。
『京都紅葉旅』
宜しくお願いします。
さらっと担当本をごり押し宣伝した後に、この上の写真、
私の背後が気になりませんか?
そう!!!
こちらもさらっと宣伝です。

「京都手帖2018」絶賛販売中!!!!
詳しくはこちらをご覧ください↓↓↓

『京都手帖2018』表紙決定しました!(北大路アオアザブログ)

全国共通版

京都限定版

京都手帖の広告考え中・・・
byアオアザ先輩
アオアザ先輩、
今年は自分では手帖についてブログで書かないらしいのです。
なので、
来週私が「京都手帖」について細かいところは紹介します!!

実はね、
2018年はね、
あの「京都手帖+(プラス)」に新柄があるんですよ。
知ってました?
それも載せますね。
どうぞお楽しみに!!

さあ、週末は次の台風がやってくるらしいですが・・・・・
もう夜中にエリアメールで何度も飛び起きたくないですね。
前回かなり大きな被害が出てますし、今度は逸れてくれることを祈っています。

締めはO先輩のキメ顔写真です。
タイトル:出来るエディター
photo byシエスタ

それでは、今日はこの辺で。

2017年10月20日金曜日

アオアザ先輩とランチなう

皆様、こんにちは。
先日、東京へイベント旅行に行ってまいりました、シエスタです。
東京駅地下直通の「KITTE」に始まり、
オリジナルノートで有名な文具店「カキモリ」さんにも行ってきました。
おしゃれ文具が沢山でとても刺激的でした。
でも、回りきれない・・・。
他にも沢山行きたい文具のお店があるというのに!!

そして旅の一番の目的のイベントもとても良かったです。
今年の目標「ホンモノを観る」は確実に実行されています。
中身のすっかすかな私にも、何かしら蓄積されていることでしょう・・・。

さて、イベントと文具を楽しんで帰ってきたら京都がむっちゃ寒くてドン引きました。
おかしいな、秋ってこんなでしたっけ?
これは冬ではないですか・・・。
着るものに困る今日この頃です。

さてさて、本日はタイトルと冒頭からお察しのとおり、
本の紹介はお休みします。
最近新刊が多かったので、既刊本紹介をまたやろうかと思ってまして、
来週に向けて選んで準備しますね~。

ということで、近況をひとつ。
今日は、
先々週からずっと季節限定ケーキを狙っている
カフェ「京都 KEIZO 三条本店」さんに、
風邪気味のアオアザ先輩とともにランチで行ってまいりました。
目的のケーキは、季節限定「ピスタチオの10分モンブラン」。
メディアでの紹介も多いカフェなので、
毎日毎日凄い行列でなかなか食べることが出来ませんでしたが、
今日は運よくランチでお邪魔できました。
アオアザ先輩が近々インスタに写真をあげることと思いますので、
皆様お楽しみに・・・。

ここ一カ月くらいずーっと狙っていて、
諦めかけていたピスタチオさんに思いがけず巡り合えたアオアザ先輩。
風邪で元気はありませんが、
私の要望に応えて写真のモデルはバッチリこなしてくれました。
有難い。

ということで、

題して「アオアザ先輩とランチなう」
アオアザ先輩とランチなう
彼氏な気分、味わえます。
彼女とデートなうに使っていいですよ。

あ、そういえば、先輩が髪を切りました。
パーマもあてました。
そしたら、娘さんから冷たい一言で斬られたそうです・・・。
アオアザ先輩ジュニアはなかなかお厳しい。

撮影中
アオアザ先輩は写真がとってもお上手です。
いつものインスタ写真は一眼レフを使っていたり、
このようにスマホでも撮影されております。
こうしてあの素敵な写真が日々更新されておるわけです。

どうして私の写真はダメダメなんだろうか。
うーん、上達しないのが悲しくなります。


アオアザ先輩が目的のピスタチオを注文し、
私はというと、
「安納芋とおさつのバターケーキ」をいただきました。
カエデがとっても綺麗です。
安納芋とおさつのバターケーキ
芋が好きなんです。
甘すぎなくてしっとりしてて、とてもおいしかったです。

お腹をさすりながらケーキを食べていると、
いつの間にか外には行列が。
次来るのがいつになるか分かりませんが、
癒しのスイーツを求めてまた来ましょう。

皆さんは、アオアザ先輩の美麗な写真をぜひインスタでチェック!!
それでは、今日はこの辺で。

2017年10月12日木曜日

月空カレンダー2018

皆さんこんにちは。
先週からぐっと寒くなって、会社周辺でも金木犀の香りが。
今週は夏日が続いていましたがまた気温も下がり、
近くの学校に植えられている桜も秋の装いに変わりつつありますよ。

先日、
アニメ・漫画仲間と「MBSアニメフェス」のライブビューイングに行ってまいりました。
冒頭からサプライズの告知CMがあり、それだけでも来て良かった!!と思っていたら、ライブあり、生アフレコありで、しかもその生アフレコが凄すぎて、ちょっと涙が出ました。
怒鳴り合ったり、叫んだり。
体の奥底から声を出してらっしゃって、
でも、あくまでもそのキャラクターから逸脱したりしないで。
すでに放送されたシーンをもう一度1万人を前にして演じるという、本当に、
私なんかには想像できないような舞台に立ってらっしゃいました。
4時間があっという間で、演劇の舞台やライブを観に行くのと同じに、笑って泣いて、楽しい時間でした。

また別の日。
映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を観てまいりました。
わりと涙腺は緩めの私ですが、
あんなに何度もグッときて泣かされるとは・・・!
ストーリーもさることながら、山下達郎さんの歌が無茶苦茶素敵でした。
劇中では女優の門脇麦さんが歌ってらっしゃるのですが、凄く上手くて、わりと前半なのにすでに号泣でした。
その後も何度も号泣の波が来るので頭が痛くなったくらいです(笑)
皆さんもぜひ。

さて、
冒頭が長くなってしまいましたが、
本日紹介するのは「月空カレンダー2018」です!!
ようやくの登場です。

毎年ご好評いただいているシリーズでして、
弊社に直接お問い合わせくださる方がいらっしゃるくらいです。

表紙はこちら。
この紫のグラデーションが目印です。はい、目に焼き付けてください。
表紙

「月空カレンダー2018」
写真:森光伸
体裁:縦43㎝×横30.3㎝
価格:本体1,500円+税

日付の欄に月の満ち欠けイラストが載っていますので、
月と共に一年を送りたい方におススメのカレンダーです。
ほかに二十四節気や、旧暦も合わせて掲載していますので、
古来夜を照らし続ける月と暦、巡る季節の移ろいを感じながら過ごしていただけますよ。

12カ月のラインナップはこちらです。↓↓
月空カレンダー2018
それでは、
早速中面をご紹介していきましょう。

◆1月◆

夕映え 富士山麓西湖

山の端や雲の黒に対して、空の夕陽のグラデーションがとても綺麗で、湖面にも空の色が映りこんでいる、お気に入りの1月です。
空にそっと浮かんでいる月が印象的です。
でも一番のお気に入りは、そうです。
赤い空が好きなんです、わたし。

◆4月◆

宵桜 東京都町田市

私、基本的には自ら桜を観に行かない主義です。
花見目的で行ったわけじゃない場所に桜が一本、しかも満開で咲いている。
的な場面に出くわすのが好きなので、
友達に誘われたりしない限りは自ら見に行かないのですが・・・。
この写真、
誘ってますね、私を。
まだやったことない花見に、私をいざなってますね。ちょっと来年は考えようかしら。
いやでも、やるなら人が多い所は嫌だな・・・。


◆5月◆
月旅行 東京都町田市

写真も好きですが、「月旅行」というキャプションも好きな5月。
月と飛行機が並んでいる写真を見たのは初めてなのですが、
いつか私たちのような一般人でも月に飛び立つ時が本当にくるのかも・・・と、
しみじみ思った一枚です。


◆7月◆
磯月夜 神奈川県藤沢市
海のある町で育ちましたが、漁港だったからかこういう浜のようなところがなく、
ザ・夜の海的なこういった場所をいつか見に行ってみたいです。
まぁ、この写真の場所は結構岩がごつごつしていますが。
月の光で妖しく照らされる海が夏の夜を感じさせます。
なんていうか、夜まで楽しく遊びたくなる開放的な感じ。
夏終わったばっかりですけど、伝わりますかね?

壁に掛けるとこんな感じです
以上、「月空カレンダー2018」の中面を数点ご紹介しました。
今回私好みの写真はわりと前半にあったので、こんな感じになりましたが。
皆様、いかがでしたでしょうか?
静まり返った夜に浮かぶ、
月のあらゆる表情を集めたカレンダーになっていると思います。
月好きの方も、
月のことそんなに考えて生きてないわ~という方もたまにはぜひ、
「月空カレンダー2018」宜しくお願い致します。

それでは、
今日はこの辺で。

2017年10月6日金曜日

幸運

皆様こんにちは。
今日は週に一度の更新日。
予定としては「月空カレンダー」の紹介日です。
ですが、
なかなか「京都手帖」についてブログを書かないアオアザ先輩にならって
私もその日に思う事を書いてやろうかと思います。

先日、関東のイベントに行ってまいりました。
新幹線はいつも寝てしまうのですが、
今回は「休みのうちに少しでも進めておきたい」と、持ち帰った原稿と共に乗車。
普通の電車に比べて揺れは少ないから・・・と思って校正を始めたところ、
ほんの10分程で冷や汗が。
新幹線だとか関係なかったです。普通に酔いました。
結局文字校正は4ページで終わってしまい、
残りの2時間を地獄のように過ごした次第です。

そんでもって、
この原稿がね、重いんです。
持ち運びやすいように本の形にして持って行ったのですが、
200頁超えなのでむちゃ重い。

乗り物酔いするし、
仕事進まなかったし、
なんならいらぬ荷物になってしまったし、
良いことなしです・・・。
そんな幕開けのイベント当日でしたが、
いざ会場へ。

イベントは立ち見形式。
抽選が当たって入場番号をもらった人はステージの前の方で見られるというシステムです。
ちゃんと届いた例のハガキを持って待機列へ。
「おや・・・?
なんか、私の持ってる入場整理券、良い番号なんじゃなかろうか?
そんな気はしていたけれど、
これ、かなり早い番号なんじゃないの?」
ぎゅうぎゅう詰め状態の待機列でこの幸運に段々緊張し出す私。(←運が良いことに慣れてないから(笑))

予想通り、
入場した際には自分にとって一番良い位置に立つことができました。
目当ての声優さんもばっちり肉眼で見られてかなり緊張でしたが、
私にとってはこの上ない幸運!!
抽選当たる→良い位置で見られる→読みがあたって声優さんの真ん前に陣取る!

そんな幸運続きのイベント中に、私、ふと気づきました。

隣のお兄さんむっちゃ背高いよな。
背後にもすんごい存在感を感じるから、これも男の人だろうな。
私よりは背高そう・・・。
あれ?
これって、一番前じゃなきゃ見えてなくない?
双眼鏡とか無意味じゃない?・・・
うん、無意味だな。
(・・・・・・。)

ああ・・・。
神様ありがとう。
先週、「いじわる」とか言ってごめんなさい。
これじゃあ嵐ライブは外れるよね。
私の持ってる幸運量限界まで使い果たした感じだものね。
でも良いです。
癒しの笑顔と良い声を聴けたから。
靴の裏まで見えましたから(笑)
神様に心の底から感謝致しました。

その後、
関東在住の親友と合流して2カ月ぶりに語らいました。
彼女とは、幼い頃に2人だけのタイムカプセルを作った仲。
そろそろ20年経ったから、早く開けなきゃね。
7月アニメや漫画の話で盛り上がり、
ついでに海外ドラマの俳優さんについても語る。
この話題、案外通じる人が身近にいないので貴重な存在です。
高校時代から私の中では、外国ナンバー1男優は変わりません。
ブラピもトム・クルーズもカッコいいですよ?
ジョニー・デップも色気があります。
でもね、
私の一番はこの10年近くずっと変わりません。
愛しのジェンセン・アクレスはおじさんになっても超キュート!
という話で盛り上がり、(しかも彼女はジェンセンが通じる)
とっても癒される関東遠征でした。

声優さんイベントと親友に会う旅を満喫し、
充電満タンで今週週明けから夜中の校正地獄へ(笑)
でも大丈夫、
大好きな笑顔が二人分ちらつくから。
こんな感じで日々生きています。

さあ、
来週はちゃんと「月空カレンダー」について書きますよ。
急にまたぐんと寒くなりましたから、皆様お身体に気を付けて。
それでは良い週末を。