2018年3月16日金曜日

続々新刊&重版出来てます。

皆様こんにちは。
3月の遠征費が馬鹿にならないシエスタです。
いやほんとに、4月は自重します。
京都のイベントで我慢、我慢。(←京都は行くんかい。勿論だとも。)

さて、
最近またブログの更新が滞ってしまい、
このままでは先輩にどやされる!!
ということで、
これだけは載せておきたいと思いますよ。

■2月新刊の皆さん■
「Kyoto Techo-Petit-」と『箱中天』
どちらもパッと見、読めませんが、頑張って読んでね。
わたしはアイボリーを使ってます。
帯が可愛いからいまだに捨てられない・・・
そしてそして、
2月は増刷も2冊ありましたので、
こちらもいずれ既刊本紹介をしたいと思って、いるうちに、3月も後半突入しそうです。
↓↓↓
プチと『箱中天』に加え、
『よみがえる天平文様』(左)と『京都坪庭拝見』(右)が増刷でした

『よみがえる天平文様』はちらっとお見せしますが、こんな感じですよ。
『よみがえる天平文様』より
近日中にじっくりご紹介しますね。
そしてそして、

■「Kyoto Techo -Petit-2018」京都市内にて販売中■
京都市内の書店さんに並べていただいているプチですが、自分でも棚を観に回っております。
ということで、
今日は京都岡崎蔦屋書店さんでの販売棚の様子をお届けします。
京都岡崎蔦屋書店さん
上の画像の棚の裏側がこちら↓↓↓
京都岡崎蔦屋書店さん
お洒落な京都の雑貨などともに並べていただいて…、きょ、恐縮です!!!
他にも、大きな書店さんだと大垣書店烏丸三条店さん(こちら現在通りに面したショーウィンドウにて看板も出てます!)、三省堂書店京都駅店さん、ふたば書店八条口店さんなどなど。
次回色々と撮り溜めた写真を載せていこうかと思いますのでお楽しみに。

ちなみに、
京都岡崎蔦屋書店さんでは、
フェイスブックでお伝えした通り、現在『箱中天-箱の中の小宇宙-』も絶賛展示中です。↓↓
『箱中天』掲載の箱を展示中
3/21(水)夕方までの展示になっておりますので、
気になってらっしゃる方はぜひ週末にお出かけになってご覧くださいませ。

「Kyoto Techo -Petit-2018」(←「きょうとてちょう・ぷち」と読みます)
『箱中天』(←「そうちゅうてん」と読みます)
共に、アマゾンさんでも購入可能ですので、
京都市以外にお住まいの方は
お近くの書店さんからのお取り寄せか
アマゾンさんもご利用いただければと思います。



それでは、良いですかね?最後につぶやきましょうかね。
~シエスタのアニメ日和~
さて、そろそろ1月アニメの皆さんが佳境ですね。
とは言いつつ、
今期はあんまり佳境感のない癒し系ばかりを観ているので、いつの間にやらゆるゆると3月も半ばが過ぎてゆきます。
そんな中「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は、
実は少佐が生きているのではないか…?とか、
そういう展開をついつい期待しちゃう私は女々しいですね。でもね、少佐良い男だったのです…。

「学園ベビーシッターズ」、これホントに癒し系です。しかも毎回泣かされる。
両親を事故で亡くした主人公兄弟の養子先が学校の理事長さんのお宅で、
お兄ちゃんの方がお世話になる代わりにその学校の保育スペースの部活をやるんですけどね。むっちゃまっすぐないい子で。
女子向けだけど、世間の皆さんにもぜひ見てもらいたい。
若者だけじゃなく、親の世代とかにもね。
この2本が今期の私の涙腺を崩壊させました。(そして時々「銀魂」で銀さんがカッコいいことを言ったりするからドキドキする)

他にもいろいろありますが、4月からも期待作が沢山あります!
どうしよう…録画容量が足りません。
東京喰種re(羽生くんも喜んでるんじゃないかしら?)、デビルズライン(CV的にも超楽しみです)、ピアノの森(懐かしい!)etc…
楽しみが多すぎるのは嬉しいことです。

それでは、今日はこの辺で!


0 件のコメント:

コメントを投稿